お問い合わせ

渡辺病院

〒680-0011 鳥取県鳥取市東町3丁目307

地図・交通アクセス

文字サイズ

病院・施設のご案内

渡辺病院

渡辺病院 外観

病院の特徴

地域のニーズに応え、外来・リハビリ機能の拡充

救急・急性期医療から慢性期リハビリテーション医療の分野を担い、思春期・青年期疾患、老年期認知症、うつ病、神経症、依存症など、幅広い精神疾患の診療を行っています。近年、外来患者数の増加、そしてより専門性の高い診断や治療のニーズの高まりに応え、アルコール依存症、発達障害(アスペルガー障害等)などの専門外来を設置。また、慢性期精神疾患への積極的なリハビリテーション、ならびに地域における障害者の社会生活適応の維持・改善をデイケア(認知症・精神科)や社会復帰施設、訪問看護でサポートします。

認知症の専門医療においては、早期医療・治療計画策定、入院・通院医療、デイケアと包括的な専門医療を行い、重度慢性の身体疾患をもつ認知症の方の長期療養など、地域において医療の必要度が高い分野を1953年の開院以来受け持ちながら、今日にいたっています。

精神科救急医療

緊急に医療を必要とする精神障害のある方に対し、迅速かつ適正な医療を施す体制を整えております。休日・夜間の精神疾患の急な発症や悪化に対し、診察や入院の受入を行っています。

検査機器・設備の充実

MRI(磁気共鳴画像)

人の身体に磁気を当て、画像を撮影する装置で、自由な断面で撮影できます。もちろん斜めや脊髄に沿った断面も撮影でき、3D画像解析装置により3次元の立体画像として診断に利用されています。

MRI

核医学検査

核医学検査は、放射線を出す薬を用いて臓器の働きを見る検査です。他の検査と組み合わせて行うことで、治療方法を決めたり治療効果を確かめることもできます。

核医学検査

高頻度磁気刺激装置(マグスティムラピッドシステム)

神経・筋組織を刺激する装置。骨や脂肪の影響を受けずに深部の神経構造まで、非侵襲的に痛みを伴わず、着衣のままでも刺激が可能です。神経系における臨床検査や研究と幅広い分野で使用され、 従来の単発磁気刺激では解明できなかった疾患の研究および臨床検査を行うための高頻度磁気刺激装置です。

マグスティムラピッドシステム

療養環境について

自然、時の流れ、街と繋がり、こころ和らぐ居場所を

渡辺病院は、緑豊かな久松山のふもとに建ち、静かで落ち着いた場所にあります。鳥取城跡、お堀端、仁風閣、博物館と歴史を感じられ、桜、街路樹の新緑、青々とした夏山、秋の紅葉、四季の穏やかな移ろいが美しく、情緒のある環境は「こころの医療」を扱う渡辺病院、そして患者さまにとって素晴らしい環境です。

本館、南館、西館、東館、北館、中央館、中央南館、新南館からなる各病棟はパビリオン様式にて機能分化が図られ、個性豊かな医療・看護を提供しています。院内は、採光に配慮した設計でやさしい陽光が注がれ、また内装をパステルカラーを基調とした柔らかい印象に仕上げ、外来の患者さま、長期療養される方、面会のご家族も、穏やかで温かな気持ちで過ごしていただけるような空間づくりをしています。患者さまの描かれた絵や、生け花クラブの活動で生けられたお花を院内に飾っています。

病院概要

病院長
渡辺 憲
総許可病床数
308床
診療科目
心療内科・神経内科・精神科
住所
〒680-0011 鳥取県鳥取市東町3丁目307
お問い合わせ

TEL:0857-24-1151

FAX:0857-24-1024