• ご利用案内
  • 診療・医療相談室
  • 当病院・施設のご案内
  • 明和会医療福祉センターのご紹介

TOP > 採用について > 働くドクターの声
働くドクターの声

医師のワーク・ライフ・バランス制度|スタッフの声

短時間正職員制度を利用のA先生にお話を伺いました

明和会医療福祉センターを選んだ理由について教えて下さい
病院のイメージ

私は急性期の病院で働いてきましたが、一方で患者さんにじっくりと向き合いながらオフタイムには家庭を大切にできるようにしたいと考えていました。しかし、そうした希望に合うような病院は、なかなか見つかりませんでした。それで、地元を中心に少しずつ範囲を広げていったところ、勤務時間を短縮しながらも常勤(月俸)が可能な病院があるのを見つけました。
それが明和会医療福祉センターでした。

今、どんな勤務スタイルで勤務しておられますか

回復期・慢性期を専門とする病院なので、外来患者数は非常に少なくなっています。また、勤務日のうち1日は当直を担当していますが、こちらも原則として外来はなく入院患者への対応のみとなります。住居について、自宅から少し離れていますので、病院の医師住宅(1戸建)を利用しています。

どのような生活スタイルなのでしょうか

子供と遊んだりジョギングに出かけたり、時には地元の幼馴染みとお酒を飲んだり、私にとっては等身大の自分に戻れる貴重な時間です。また、この余暇を使って日常の診察で疑問に思ったことを調べます。これまでは、昼となく夜となく続く過酷な勤務に多少疲れを感じていました。医療の質という面からみれば、向上しているような気もします。

実際に働いてみてどんな印象をお持ちですか
休日イメージ画像

まずは仕事について、以前は「さあ、やるぞ!」と病棟に入ったかと思えば、救急車が来て、その対応に追われるといったことが日常でしたが、現在は、そういったことがありません。病棟に集中することができていると思います。
次にオフタイムでいえば、今は比較的緩やかな勤務であるため、余暇に運動もしっかりできています。以前に比べ、はるかに健康管理ができています。

今後の目標についてお聞かせください

今はまだ、子供が小さいので父親である私が家を何日も空けるのはよくないと考えています。もう少し大きくなれば、私の勤務日数を増やすこともできるでしょうし、より専門的な医療を追求していくこともできるでしょう。明和会医療福祉センターに着任してまだ日は浅いですが、臨床現場における研究テーマを2,3掲げることができました。今後はさらにこのテーマを深く掘り下げてゆきたいと考えています。

人事からのコメント

A先生は、とてもおだやかで素朴なお人柄のDrです。就職に関するお問合せをいただいた際、「患者さんお一人お一人にゆっくりと関っていきたい」「子供が小さいので、家族との時間を大切にしたい」と話されていたのが、印象に残っています。こうした「患者さんのために頑張りたい」と思っておられる先生が活躍できる環境を提供していくことは、病院にとって大切なことと認識しています。
ワーク・ライフ・バランス制度では、お一人お一人のご要望に合わせて勤務モデルを柔軟に組み立ていきますし、年度途中に家庭環境の変化に合せて勤務スタイルを変更することも可能です。A先生のように「人にやさしい」Drが、もっともっと加わっていただくことを期待しています。

ワーク・ライフ・バランス制度について

ページの先頭へ戻る

  • 医師採用について
  • コ・メディカルスタッフ採用について
  • ワークライフバランス制度
  • 働くドクターの声
  • 医療奨学金制度
  • 職員統計
  • 診療統計
  • 新着情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ窓口一覧
  • 医療相談室
  • 採用について

明和会をもっと知りたい

明和会の法人案内パンフレットを閲覧

パンフレットを閲覧するためには、FLASHPLAYERバージョン7.0以上が必要です。プラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

明和会スタッフブログ

鳥取県認知症疾患医療センター